新日本製薬の新たな挑戦、未来について、
八重樫専務取締役と各部門で活躍中の若手社員が語ります。
専務取締役
八重樫 宏志
EC戦略
金﨑 智子
<新卒4年目>
EC戦略
有吉 翔吾
<中途3年目>
広告企画
藤田 純華
<新卒3年目>
コールセンター
鳥越 健太
<新卒2年目>
私たちが発信する情報サービスの可能性
皆は入社前、新日本製薬をどんな会社だと思っていた?

主力商品である「パーフェクトワン」の印象が強かったので、化粧品会社だと思っていました。

そうだよね。新日本製薬は、化粧品、医薬品、健康食品のメーカーだと捉えられがちですが、見方を変えてみるとどうだろう。お客さまは、私たちが発信している「情報」を元に商品を認知しご購入いただいている。言い換えると、私たちは何よりも先にお客さまに「情報」をお届けしているんだよね。

確かにそうですね。お客さまに商品を長くご利用いただけているのは、私たちが発信している情報サービスの力も影響していると考えてみると、可能性が拡がるような気がします!

そう。今までやってきたことや、常識だと思われているようなことに捉われなくていいんだよ。目の前のお客さまが今一番必要としている情報をお届けしてハッピーになっていただく。そのために私たちに何ができるか考えていきたいね。

私は、「世界中の人たちに美と健康を通して笑顔を届けたい」と思って新日本製薬に入社しました。もちろん、「パーフェクトワン」を通して多くのお客さまに笑顔をお届けできていると思いますが、私たちが発信できる情報はそれだけに限らないと思うとわくわくしますね!

「パーフェクトワン」だけでなく、当社の可能性や、お客さまの笑顔を増やせるような新しいサービスを生み出し、積極的に発信していきたいですね!
イノベーションを生み出す多様な人財を採用

今、私たちは2020年を一つの区切りと考えて、事業の変革を進めている最中だよね。それに伴って、海外事業経験者などさまざまなフィールドの仲間も増えてきて、社内はいわゆるオープンイノベーションの状態。社員一丸となってこれまでにない新しいことにチャレンジしようと動いているよね。

アジア進出もその一つですね。

そう。進出してわずか1年ですが、数多くのお客さまとご縁がつながりました。大切なのは、目の前のお客さまのために私たちに何ができるかを常に考えること。その結果が、アジア市場への進出だったりするわけです。皆にも既存事業の枠に捉われず、お客さまの笑顔のためにどんどんチャレンジしてほしいんだよね。

既存のやり方に捉われないというのは大切ですね。例えば今は、ネットや店舗やお電話など、それぞれの施策に沿ってお客さまに情報をお届けしていますが、本当は包括的にお届けしたほうがシンプルでいいと思うんです。

そうですね。僕もこれからは、部署を越えた横の連携がさらに重要になってくると思っています。そういう「ハブ」の役割を担ってくれるようなフットワークの軽い新入社員に来てほしいですね。

会社もそれを望んでいます。毎年約20名の新卒新入社員を採用して、ジョブローテーションで部署異動を行っているのは、会議でわざわざ集まらなくても、仕事のことをクロスして話せる仲間を増やすため。やりたいことがあったら、いつでも相談に来てよ。

確かに、入社して驚いたのは、若手と経営陣の距離の近さです!

中途入社の僕も当初そう感じていました!確かに他の会社ではあり得ないことかも。この距離の近さが、仕事の中の意志決定の速さにつながっています。

僕はいつでも皆の相談に乗れるように、皆と同じフロアで仕事をしているんです。後はみんながアクションを起こすだけですよ。
2025年、主役になるのは現在の若手社員

また、社長も僕も自分たちが若くしてトップに立った経験があるから、皆にも早く経営に携わってほしいと思っています。なので、僕の夢なんだけど、将来社員の中からグループ企業を率いる経営者を育てたいんだよね。まだまだ夢の段階なんだけど。

2025年でしたら、私は30歳前後。役員をめざしたいという気持ちはあるのですが、具体的にどうしたらいいんだろう・・・。

感受性を豊かにして、ワクワクしていればいいよ。そのうち、自分で行動せずにはいられなくなるから。極端なことを言えば、部長になりたかったら部署を立ち上げる提案をしてみたらいい。やってみたら?

僕はまだ経験が浅いこともあり、考えが追いつかない部分もあるんですが、有吉さんが新人の頃はどうでしたか?

当時「オレは何でもできる」って天狗になっていたことが見抜かれたのか、すぐに鼻を折られた経験が(笑)。でも、あのとき失敗したり、悔しい思いをしたからこそ今があります。まずは場数を踏むこと。怒られることもあるけど、それってチャレンジした証拠でもあるし!鳥越くんは何かやりたいことはないの?

今、ヘルスケア商品をお買い求めいただくお客さま対応を担当していますが、高齢化が進む中で、これからもっと需要も増えてくると思います。なので、コスメ部門に負けないくらい定期的にキャンペーンをつくって盛りあげていきたいです!

いいね。楽しみにしているよ!
変革の主人公となる人財に期待

最後に皆は、どんな仲間と働きたい?

僕は、まず想像(イメージ)することが大事だと思っていて、次にそれに対する新しい価値を創造する。一言で言うと「想像を創造できる」人と働きたいですね。

私は、自分の個性を大切にしている人と働きたいです。自分が好きなこと、楽しめること、得意なことが会社の成長を支えることにもつながると思っています。

私は、「ここで夢を叶えたい!」という情熱のある人に入社してきてほしいです。「先輩、何やっているんですか」って、発破をかけてくれるくらいの後輩がいいかも(笑)。

僕は新卒入社のプライドを持って、一緒に未来を切り拓いていける仲間がほしいですね。

新日本製薬は、化粧品、通信販売、情報流通のサービスを変えうるポテンシャルのある会社だと思っています。その主人公になるのは若手社員のキミたち、そしてこれから入社してくる仲間です。皆さんの成長を大いに期待しています!