第一線で活躍している秘訣について仕事と家庭を両立させながら
夢に向かって成長し続けている女性社員が語ります。
PROFILE
■人事課長
■社員の成長を日々サポート
■1児の母
羽根 響子
<入社6年目>
■コールセンタースーパーバイザー
■強みは豊富な知識と指導力
■新婚
藤井 美幸
<新卒7年目>
■コールセンターサブリーダー
■笑顔と営業実績でチームを牽引
■1児の母
道永 夕貴
<新卒6年目>
■キャリア採用担当
■時間管理の徹底で効率抜群
■2児の母
中村 希
<入社7年目>
■キャリア採用&育成担当
■何事にも手を抜かない努力家
■1児の母
菅田 美咲
<新卒8年目>
※所属は2018年1月現在
仕事の責任がやりがいにつながる
中村さんは、キャリア社員の採用担当として仕事を任されるようになりましたよね。

はい。サポートから一担当者にステップアップしたことで、これまではチャレンジすることに戸惑っていたことでも、今となれば 挑戦できる機会がさらに増え、仕事のやりがいがとても大きくなりました。また、他の企業の方とやりとりをしたり、経営層 に報告したりと、人との関わりが格段に増えたので、これからは交渉力を伸ばしていきたいですね。

いきいきと働いていますよね!菅田さん、一緒に仕事をしていてどうですか?

私は、中村さんと一緒にキャリア採用を行うと同時に、入社後の育成も担当しているのですが、その中で課題を一つずつ 解決しながらPDCAを回していくのが楽しいです。任せてもらえる仕事が増えたので、日々新鮮な気持ちで働いています。

2人がアグレッシブに仕事をしている姿、とてもかっこいいですよ!藤井さんはスーパーバイザーになって2年ですよね。

はい。現在、約15人のチームを統括しています。管理業務を任されるようになって仕事への深みが増した気がします。

スーパーバイザーとして、コミュニケーターの皆さんを導く中でさまざまな仕事があると思いますが、いちばんやりがいに つながっている仕事はどんなこと?

私は、育成に最も力を入れています。コミュニケーター一人ひとりと目標を共有し、成長に向けて一緒に課題解決をして いくことにやりがいを感じています。

産休・育休後にキャリアについて考え始めた
道永さんはスーパーバイザーをめざしているんだよね!藤井さんに何か聞きたいことはありませんか?

そうですね、スーパーバイザーになると残業が多いイメージがあるのですが、実際はどうですか?

マネージャーが定時で退社できるよう促してくださるので、残業はほぼないですよ。結婚したこともあり、仕事は就業時間 内に終わらせようと改めて意識が変わりました。

道永さんは、キャリアを積みたいって昔から思っていたの?

実は、子どもを産んでからなんです。産休・育休取得をきっかけに仕事から離れたことで、会社の同期や同じチームのメン バー、そして電話越しのお客さまとコミュニケーションがとれること、つながっていることがうれしくて、仕事はずっと続け たいと思うようになりました。仕事の幅を広げるためにも、スーパーバイザーをめざそうと思うようになったんです。

出産を機に、キャリアアップを考え始めたというのは、レアなケースかもしれませんね。

マネージャーに相談すると、まさに今、出産後にキャリアアップできるサポート体制を整えているところだとお話いただい たので、スーパーバイザーをめざす覚悟ができました。

子どもができたことで、自分自身を見つめなおすきっかけになったのかな?

そうですね。時間の使い方や、社会に出る意義などを考えるようになりました。今は、コールセンターでお客さま対応を実 践する傍ら、サブリーダーとして、チームの実績やモチベーションなどを考え、業務にあたっています。その中で、メンバー の成長を目の当たりにした瞬間に喜びを感じ、それがやりがいにつながっています。

スーパーバイザーとして一緒に活躍したいね!

仕事と家庭、それぞれの時間管理
道永さんは、家に帰ったらどんなふうに過ごしているんですか?

しばらくは放心状態ですね(笑)。子どものお腹が空きはじめたら「よし、やるぞ!」と夕食の準備に取りかかる感じで、家の 中では細かなスケジュールは立てていません。

なるほどね!逆に、菅田さんはしっかり時間を管理して家事をしているんだよね。

私は、子どもを夜9時までに寝かしつけることを目標にしています。夕食も品目多くつくってあげたいですし、帰ってからの ほうが戦場かもしれません(笑)。

夕食のおかず、必ず4品はつくられているそうですよ!

えーっ!すごーい!

子どもの栄養のことを考えていたら品数が増えるんです。でも不思議と苦には思っていないんですよね。私のゴールは、 娘が就職するときに「ママみたいになりたい」って言ってもらうことなんです。それがあるから今頑張れているんだと思い ます!

素敵ですね!中村さんのお子さんは、男の子2人でしたよね。

はい。やんちゃなので大変ですが、それ以上に楽しいことが多いので仕事と両立できているんだと思います。最近は、夜9 時に子どもと一緒に寝落ちして、朝4時に起きています!朝シフトに変えたらずいぶん楽になりました。

ゴールを見据えて「ママの壁」を乗り越える
皆さんのお話、とても参考になります。でも正直なところ、今後取得するであろう産休・育休復帰後に心配があるのも事実な んです。仕事と育児の両立ができるか少し不安になることもあります。

私も産休前は同じことを思っていましたよ。私自身、完璧主義ということもあり、人にうまく頼れなかったときもありました が、今は、家庭のことは主人や両親に頼りながら仕事と育児のバランスが取れるようになりました。

復帰後の職場環境はどうでしたか?

想像していた以上に良かったです!課内の約半分が「ママさん社員」なのでお互いにうまく休みを調整して、できるだけ子ど もの行事には参加するようにしています。周囲が協力的なのでとてもありがたいです。

菅田さんの話を聞いて安心しました。結婚・出産を経て、仕事を続けるスーパーバイザーの一人となれるよう頑張ります。

私も皆さんのように、仕事も家庭も楽しみながらキャリアアップできるということを伝えていきたいです。

産休・育休復帰後に対する不安「ママの壁」って自ら制限をかけているところもあると思うんですよね。ゴールが見えている 人は着実にキャリアアップしていますから。

そうですね。私も結婚や子育てを理由に何かを諦めるのではなく、人として着実に成長している姿を、後に続く人たちに見 せることができればと思っています。

私も子育て真っ最中ですが、皆さんの先陣を切ってキャリアを築いていきたいです。誰よりもハッピーで、前向きに仕事に チャレンジしている私の背中を、きっと多くの女性社員が追ってくれると信じています。みんなでさらなる自己成長をめざし ましょう!