新日本製薬のCSR活動、社内イベントをご紹介します。
新日本製薬では「社会に貢献する企業」をめざし、さまざまなCSR活動に取り組んでいます。 また「社員の幸せ」実現のために社内でイベントを実施しています。
カンボジア支援活動
地雷被害者とその家族が多く住んでいるカンボジアのモンドルバイ村で支援活動を行う、国際人権ネットワークの緒方由美子さんとの出会いをきっかけに、「カンボジア支援活動」を行っています。 化粧品やサプリメントの物資支援をはじめ小学校の運営支援を行うため、毎年社員約20名が会社を代表して、7月の卒業式にあわせ現地へ赴いています。
写真
写真
参加した社員の声
写真
子どもたちが全身で大声で、心の底から伝えてくれた「ありがとう」が忘れられません。 私が今まで生きてきたなかで一番深く、重みのある「ありがとう」だったように感じます。 日々の業務から生まれた利益は会社の理念通りに国境を越えて活かされていて、モンドルバイ村の子どもたちの未来への希望につながっていました。
写真
純粋無垢な笑顔で迎えてくれた子どもたち。一瞬で私の固定観念は吹き飛び、涙があふれていました。 キラキラした目でぶつかってくれる彼らの未来のためにも、支援活動をつなげていくことが一番必要で、もっとカンボジアの現状を多くの方に知ってもらうことが大切だと感じました。 ありがとう=オークンに国境はありません。
写真
会社の売上が創造する“カンボジアの子どもたちの未来”。 この活動で心に残ったのは、「勉強を頑張るので支援をお願いします」という卒業生の言葉です。 社員一人ひとりの売上の積み重ねが「勉強をしたい」という子どもたちの切実な願いを支援していて、子どもたちの未来につながっていると改めて感じました。
大分国際車いすマラソン大会ボランティア
大分市内で開催される「大分国際車いすマラソン大会」は、1981年の国際障がい者年を記念して、世界で初めての車いす単独の国際マラソン大会としてスタートしました。 第27回からは、国際パラリンピック委員会の公認となり、現在では、各国の車いすランナーが目標とする世界最大級の大会となっています。 当社は、障がい者スポーツ振興を応援する企業として大会協賛のほか、運営ボランティアとして社員を派遣しています。
写真
写真
参加した社員の声
写真
大会ボランティアを通して感じたことは、それぞれの役割を精一杯果たすことの大切さです。 役割はそれぞれ違っても、一つの大会の成功に向け一生懸命取り組む姿が、お互いに感動を与えることに気づきました。 今後は何事にも粘り強く前向きに取り組み、自分の頑張る姿が人に元気を与えられる人間をめざしていきます。
写真
会社の売上が社会貢献、人との出会いにつながり、また私たち社員が新たな学びや経験を得る機会になっていることが、なにより素敵だと感じました。 地元・大分の方々の熱い想いを知ると同時に、まだまだ車いすマラソンの認知度が低いと感じたので、少しでも多くの人に知ってもらえるよう今回の経験を伝えていきたいです。
写真
選手の皆さんが、自身の境遇にネガティブにならず、頑張っている姿を見て、自分を豊かにするためのベースは、「気持ちの持ちよう」だと、改めて感じました。 また会社の仲間と、年齢や役職も関係なく共に汗を流すことは、会社での生活をより豊かにするものだと確信したので、これからも積極的に参加させていただきます。
さらに詳しく