新日本製薬で活躍する女性社員に集まってもらい、産休・育休から子育て・仕事との両立について語っていただきました。
photo参加メンバー
photo
教育研修課 課長
羽根 響子
<中途入社>
photo
ビューティーケアCC
渡邉 友紀江
<新卒入社>
photo
広告企画課 アシスタントマネージャー
山田 理佳
<中途入社>
photo
ビューティーケアCC サブリーダー
長坂 美穂
<新卒入社>
羽 根
長坂さんと渡邉さんは、新卒で入社して、産休・育休を取られたと思うのですが、戻って来るときどう思いました?今は時短勤務ですよね。
長 坂
はい。私は早く戻ってきたかったです。ずっと家で子育てをしているより、外で働いている方が、バランスが取れるし、自分には向いているな、と思っていたので。時短勤務は、時間が限られる分、集中して仕事に取り組める気がします。この時間までにこれを終わらせよう!とか。それは仕事だけでなく、家事・育児においても同じように考えるようになりました。
渡 邉
私は今、まだ子どもも小さいし、家庭を大切にしたいという想いがあります。時短勤務をしているのですが、周囲の協力もあって時間通りに帰れています。保育園のお迎えもあるので、“帰りやすい雰囲気”はすごくありがたいです。
羽 根
山田さんはフルタイムで、出張もあって大変ではないですか?何か工夫したりしていますか?
山 田
私は、同時進行でいろいろ進めるのが好きというのもあるし、子どもがもう小学生なので、家族の助けをかりつつやっていけています。工夫といえるか分からないけれど、毎日学校帰りに行く所を決めています。子どもタクシーを利用して習い事に通わせるなど、地域や民間のサービスも利用しています。
羽 根
すごい!いろんなサービスを上手く活用するのも働くママの知恵ですよね。ちなみに働くママをとり巻く会社の雰囲気を知りたいんだけど、妊娠とか産休・育休中に、嫌な思いしたことありますか?
全 員
ないです!!
羽 根
良かった。私から見てもそこは大丈夫だと思っていたけれど、実際にみんなの声を聞いて安心しました。
渡 邉
子どもの病気などで休んだ次の日は、周囲から「大丈夫?」と声を掛けてもらえています。同期が結構、出産や育休を経験しているし、チームにママさんもいるので、そこは同僚であり、ママ友でもあるという感じで、相談ができるのはすごくいいなと思います。
photo photo
長 坂
子どもを連れてきてよ、って言われることもあるくらい。育児で疲れたな、大変だなと思っても、会社に来れば仲間がいると思うと心強いです。男女問わず、子育てには理解があるなと思います。
山 田
年に1回、子ども参観日があるのでそこに連れてきているのですが、「また行きたい」といつも言っています。うちの子、新日本製薬が好きみたい(笑)。
羽 根
子ども参観日は、受け入れる社員も楽しみにしてる人、多いですよね。みんなも、もう少し大きくなったらぜひ参加させてくださいね!山田さんは、メンバーや後輩に対して何か思うことはありますか?
山 田
女性を大事にしてくれる会社なので、そこは恵まれていると思います。新卒入社で、仕事を辞めずに続けられる環境は大事にした方がいいよ、とまだ結婚や出産を経験していないメンバーには伝えています。
羽 根
そうですね。私の願いは、ママたちが家庭でも仕事でもイキイキとしていて、その魅力的な様子を見て、後輩たちに「後に続きたい」と思ってもらえることです。そのためにも、もっと子育てをするママに対して良い環境を作りたいと思うんだけど。皆さんは、実際に働いていて、何か会社に要望はありますか?
山 田
今回こうして座談会をやってみて、会社の中でママ同士のつながりがあるといいなと思いました。「あ、この人のお子さん○○才なんだ」と発見もあるし、情報も共有できたらいいなと思います。
羽 根
なるほど!私もたまに、娘の洋服を子育てしているメンバーにあげたりするんだけど、社内でママサークルみたいに輪が広がるのはいいですね。
渡 邉
あと、12階に託児所とまではいかなくても、子どもを見てくれる場所があったらいいなと思いますね。危なくない程度に。みんなで宿題したり、遊んだり。
羽 根
学童保育の延長みたいにね。英語を教えてくれたり、習い事ができる場なんかもあったらいいな。そこでお母さんの仕事が終わるのを待てたらいいですね。今日の皆さんの意見を参考に、今後の制度の充実も考えてみます!
photo photo