新規事業に正解はない。
失敗を恐れず、
成功につなげたい。
行時
留衣
YUKITOKI RUI
(中途入社2年目/芸術工学部卒)
経営企画 課長

常識に捉われないゼロベースの発想で、
アジア市場向けの新規事業を生み出す。
写真
◆ 仕事内容
既存事業の予算統制・管理のほか、新規事業・海外事業における新しいサービスの創出に携わっています。予算統制の業務においては、予算の作成、編成、実績の管理が主な仕事です。新規事業では、アジア市場におけるテストマーケティングに携わっています。中でも、台湾のお客さまは40代の方が多く、日本より10歳ほど若いので、共働きの忙しい女性にオールインワンジェルは大好評。ゼロからのスタートでしたが、2017年にネット販売のカタチが見えてきたので、2018年は具体的な事業化に向けて取り組んでいます。今後は、店舗やセレクトショップなど、インターネット以外のチャネルでのアプローチも検討中です。
◆ 新日本製薬を選んだ理由
私は中国出身で、九州の大学への留学を機に来日しました。卒業後は、東京の大手総合コンサル会社で、会社の経営計画の策定戦略、通信系キャリアやメーカーなどの新規事業の立ち上げ、海外支社の業務改善などの経営コンサルに携わっていました。企業の外から第三者の立場でコンサルティングすることも勉強になっていましたが、次第に、当事者として自社のために自分の手で、新事業を構築したいという想いが募ってきたことと、大学時代に過ごした第二の故郷・福岡にいずれは戻りたいと考えていたタイミングで「一緒に新しいことをやりましょう」とチャンスの声が。未経験でしたが通信販売という業態にはビジネスモデルの1つとして興味を持っていましたので、何か新しいことにチャレンジできそうだと思い入社を決意しました。
◆ 新しい事業を生み出す醍醐味とは
何もないところから自分たちの手で事業を創りだして、その結果、お客さまに喜んでいただけることが何よりのやりがいです。もちろん、苦労したり、挫折したりすることもありますが、それを乗り越えたあとに得られる喜びはとても大きいです。新規事業は正解があるわけではありません。どうしても、一度失敗すると手を引いてしまいがちですが、失敗を恐れず、成功につなげていくことが大切だと思います。何としてもやり遂げるという覚悟で、チームのメンバーとゴールのイメージを共有し、小さな成功体験を重ねていけば、モチベーションも上がりますしね。また、何か新しい事業を立ち上げるとき、既存のビジネスモデルに捉われてしまいがちですが、私の場合、業界経験がなかったことが幸いし、通販、化粧品業界の常識に捉われることなく最適な方法をゼロベースで発想することができました。それが逆にいい結果に結びついているような気がしています。
写真
◆ 2020年までに成し遂げたいこと
現在、新日本製薬は1,000億企業をめざそうとしていますので、その土台づくりに貢献したいと考えています。2020年を1つの区切りにして、1,000億という数字 が具体的に見えるようにしていきたいです。そのための課題は二つ。既存事業をいかに大きくしていくかということと新規事業をどこまで拡大できるか、そしてその種まきをどこまで行えるかだと思っています。新しいサービスを立ち上げていくことも必要ですし、アジア諸国へ展開していく動きも、今後さらに重要になると思います。新日本製薬は中小企業とはいえ、それなりの売上規模の会社に成長中。この、会社の大きな節目のときに、自分も一緒に成長できるというのはとても幸せなことだと思っています。
写真
◆ 一緒に働きたい人とは
当社は、新しいことにチャレンジできる環境ですし、これから1,000億企業をめざすことを見据えると、ポジティブで、会社や自分たちの未来を明るく語れる人がいいですね。恥ずかしがらずに、自分の意思を明確に表明してほしいと思います。たとえそれがわがままであったとしても。わがままは若いときにこそ許される特権です。自分の想いを外に発信していく、それは必ず将来につながる原石です。私自身もやりたいことをやってきました。日本に来たことも自分の意思で決めたこと。一生懸命でがむしゃらだったから、新しい土地での生活も苦ではありませんでしたし、その頃からクラスメートと一緒にホームページ制作のベンチャー企業を立ち上げて活動していました。若いときに目標を持って動いておけば、ゴールに到達するまでの時間も短くなると思います。なのでぜひ、目標は持っていてほしいですね。自分の夢に向かってチャレンジできる人と一緒に会社の成長に貢献していきたいです。
PROFILE
写真
行時 留衣
経営企画 課長
2016年 中途入社
写真 学生時代、中国から九州の大学へ留学を機に日本に帰化。卒業後は東京の大手総合コンサル会社で経験を積み、その後当社で海外事業の新規立ち上げや、既存事業の管理・統制を担当している。趣味は読書やゴルフ、ロードバイクなど。健康維持のため体を動かすことが多く、登山を楽しみ、山頂でリフレッシュすることも。

他のインタビューを見る