美と健康を通して
人と環境を
豊かにしたい。
酒見
安佳音
SAKEMI AKANE
(新卒入社2年目/工学部卒)
コールセンター

コールセンター配属後、わずか2カ月でMVPを獲得。
資格を取得しながら夢に向かって前進中。
写真
◆ 仕事内容
昨年4月に入社し、コールセンターに配属され早3カ月が経ちました。現在は、化粧品をご使用いただいている定期購入のお客さまからのご注文やご相談などの対応をさせていただいています。初めてのお客さま対応はとても緊張しましたが、入社後行われる約半年間の研修でしっかりシミュレーションできたので、自信を持って対応することができました。研修では、経営理念や商品知識のほか、電話応対の仕方などを学びます。お電話での応対の場合、こちらの表情がお客さまに見えないので、お客さまをお迎えする際などに実践する「笑声」をはじめ、お詫びの気持ちを表すときの声、感謝を伝えるときの声など、あらゆるシーンを想定しながら心に響くおもてなしでお客さまにご満足いただきたい一心で練習を重ねました。最初は声に表情を出すことに難しさを感じましたが、経験を積んでいくことでできるようになっていきました。コールセンターでは、チームに分かれているので、一人で仕事をしているというより仲間と業務にあたっている感じ。悩んだときや迷ったときは、近くの先輩たちがサポートしてくださるので心強く、とても働きやすい環境だと思います。
◆ 新日本製薬を選んだ理由
私には、「美と健康を通して人と環境を豊かにしたい」という夢があります。もともと自分で商品を生み出したいという強い想いもあり、大学は理系に進み工学部で化学を専攻していました。加えて環境問題も勉強していましたので、利益の追求だけでなく、環境にやさしい活動にも取り組んでいきたいと思っていました。当社は、社会貢献や地元福岡を活気づける活動にもたくさん取り組んでいて、お客さまだけでなく、地域や社会のために役立とうとする姿勢があります。大好きな化粧品に携わりながら、社会にも貢献できる環境に惹かれ、「この会社しかない!」と入社を決意しました。実際に入社してみると、社長をはじめ、全社員が常に感謝の気持ちを持っていたり、人の温かさを日々感じています。仕事で悩みがあっても、同期と励まし合ったり、先輩に応援していただいたりして、また頑張る力が湧いてきます。当社の経営理念に、「社員には幸せと未来への夢を」という言葉があるのですが、私はこの言葉の通り、一生懸命に働いていれば、自分自身も幸せになれると信じています。
◆ 社会人生活での学び
コールセンターは、お客さまと直接つながれる最前線の部隊。新日本製薬の一員として働いている私の対応次第で、当社のイメージが良くも悪くも変わってしまうことがあります。学生時代のように自分の好きなことだけをやるのとは違い、会社の方針を理解したうえで仕事を邁進しなければなりません。大変な仕事や苦手なことも、真摯に向き合い、会社を背負う責任感を持つことが大事だと日々感じています。私は配属された最初の頃、思うように結果が出ず悩むことがありました。そこで、先輩方の電話応対を積極的に学び、分からないところは相談するようにしました。また、それまでは成約を上げることばかり考えていましたが、お客さまとのコミュニケーションの中で、私たちが美と健康のサポートをすることで生まれるお客さまの笑顔こそが「やりがい」であることに気づいた結果、毎月売上成績1位の人に与えられるMVPを配属からわずか2カ月目に受賞することができました。これも、先輩方の丁寧なご指導があってのこと。本当に感謝しています。
写真
◆ 2020年までに成し遂げたいこと
当社ではMVPとおもてなし大賞を毎月表彰しています。MVPに次ぎ、この賞を受賞することが今の目標です。コミュニケーターの仕事とは、お客さまに“電話して良かった”と感じていただけるような環境をつくっていくことが大切。肌の状況やライフスタイルなどのお話も伺いながら、お客さまに寄り添ったアドバイスができるよう意識しています。お電話の中には、注文だけでなく解約のお申し出などもありますが、お客さまに気持ち良くお電話を終えていただくことを心掛けています。お客さまにはいつもご縁をいただいた喜びと感謝の気持ちをお伝えしたい。それが私の想いです。長期的な目標としては、私の夢である、商品企画に携わるときに備えて、知識や情報を今のうちから積み上げておきたいと思っています。先日、医薬品やヘルスケア商品の販売において役立つ「登録販売者」の資格を取得しました。次は「化粧品検定」に挑戦しようと思っています。学生時代から、大きな目標を掲げて、それを達成するための小さな目標をクリアしていくのが好きでした。これからも目標を一つひとつ達成しながら、自分を高めていきたいと思います。
写真
◆ 就活生へメッセージ
就職活動では、何をしたいか、どういう会社で働きたいかをしっかり考え、軸を持ってぶれずに取り組むことが大事だと思います。そのための自己分析は必須。自分はどういう人間なのか、まずは自分を知ることから始めてみるといいと思います。当社の面接を受けたとき、私のことを知ろうとしてくれているのが分かりました。一つの質問に対して、何度も深く掘り下げてもらったので、自分の考えも率直に伝えることができたと思います。最終面接はとても緊張しましたが、学生の私に対して社長が、「来てくれてありがとう」と感謝してくださり、思わず感動したのを覚えています。高校生のときから化粧品会社で働きたいという夢を抱いてきました。そして今、「ここで働き続けたい!」と思える会社で仕事ができています。自分の夢を叶えられるフィールドに身を置いている私はとても幸せだと思っています。元気で前向きな学生の皆さん、ぜひ私たちと会社の未来を創りましょう!
PROFILE
写真
酒見 安佳音
コールセンター
2017年 新卒入社
写真 学生時代は工学部に所属し、化学や環境について学ぶ。高校時代からの夢であった、化粧品会社で商品開発を手掛けたいと志し、1年前に入社。旅行が趣味で、その土地にしかないおいしい物を食べリフレッシュ。シフト勤務を利用し、人が少ない平日に満喫している。

他のインタビューを見る