新日本製薬の社会貢献活動をご紹介します。
社会貢献活動
新日本製薬では、「社会に貢献する企業」をめざし、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。
カンボジア支援活動
地雷被害者とその家族が多く住んでいるカンボジアのモンドルバイ村で支援活動を行う、NGO国際人権ネットワークに賛同し、「カンボジア支援活動」を行っています。化粧品やサプリメントの物資支援をはじめ、小学校の運営支援を行うため、毎年社員約20名が会社を代表して7月の卒業式にあわせ現地へ渡航。子どもたちとかけがえなのない時間を過ごします。
写真
写真
参加した社員の声
写真
きらきらと輝く笑顔で迎えてくれた子どもたち。 印象に残っているのは、学校生活は「happy life!」と答えてくれたことです。 わずか2日間でしたが、経営理念が具現化されていることを実際に肌で感じ、子どもたちから勇気と元気をもらいました。 どんな環境下でも、未来のために子どもたちは宝物。 自分たちの手で未来を創り、笑顔のバトンをつなぐため、これからも支援の輪を広げていきます!
写真
子どもたちの澄んだ笑顔と力強い眼差しに圧倒されました。そして、まだまだ医療や教育が充実しているとは言えない中でも、村には笑顔と感謝の心が溢れていました。 私たちが行っている日々の業務が、国を越えて子どもたちの笑顔につながっていることに感動すると同時に、この活動を絶対に絶やしてはいけないと強く思いました。 この経験を社内の多くのメンバーに伝えていきます。
写真
当社が掲げている“世界中の人々の健やかで心豊かな暮らしを創造する”という、ビジョンの意味を実際に体感することができた2日間でした。 年々増える卒業生や、卒業式に参加する家族の喜ぶ姿を見て、支援の継続がいかに大切かを痛感しました。 そして、支援を継続するためには、会社の成長が欠かせないものであり、そのために自分自身も成長していこうと強く思いました。
大分国際車いすマラソン大会ボランティア
大分市内で開催される「大分国際車いすマラソン大会」は、1981年の国際障がい者年を記念して、世界で初めて車いす単独の国際マラソン大会としてスタートしました。第27回からは、国際パラリンピック委員会の公認となり、現在では、各国の車いすランナーが目標とする世界最大級の大会となっています。当社は、障がい者スポーツ振興を応援する企業として大会協賛のほか、運営ボランティアとして社員を派遣しています。
写真
写真
参加した社員の声
写真
大会ボランティアを通して感じたことは、それぞれの役割を精一杯果たすことの大切さです。役割はそれぞれ違っても、一つの大会の成功に向け一生懸命取り組む姿が、お互いに感動を与えることに気づきました。今後は何事にも粘り強く前向きに取り組み、自分の頑張る姿が人に元気を与えられる人間をめざしていきます。
写真
今回の経験を2020年の東京パラリンピックに向けて幅広く伝えていくために私が今できることは2つ。①社会貢献活動の魅力を社員と共有し、自らも積極的に参加すること。②理念の実現に向けて、一人でも多くのお客さまに当社や商品の魅力を知っていただけるよう、一件一件心を込めて提案すること。できることから一つずつ積み重ねていきます。
写真
今回は選手を応援する立場でしたが、いつのまにか自分が元気をもらっていました。そして、選手は全員苦しいはずなのに、決して誰も諦めない姿に心を打たれました。行動する前から自分で限界を決めるのではなく、まずは挑戦してみることが大切だと気づいたので、これからもこのような学びの場には積極的に参加していきたいと思います。
さらに詳しく